トップ

内科学会

医師の学会についてのいろいろ

医師は学会や研修会を通して、いろいろな知識な技能を学びます。ですから常日ごろが勉強なのです。規模がひじょうに大きいですので、いろいろな人とふれあい、ネットワークをつくることができます。そこで知識を身に着け、技能を取得します。さらに大きな学会になると国際学会というのがあり、諸外国の人らと触れあうことができます。また世界における日本の医療制度のあり方がけっこうおもしろいということです。単位認定をもらうために、参加だけするかたもいます。国内ではとにかくいろいろなものがあり、日曜や祝日をはさんで行うことが大いです。同時に懇親会があり、同じ大学卒業であつまったりしすることもます。費用は、家族一人あたり、10000円ぐらいです。中には数万円といったお金を出すかたがいますが、お金というよりも自己満足で支払っているような予感がします。医師は勉強をして知識や技能をみにつけていますので、いかに大変かなと思います。

学会参加について学ぶ

医師が学会に参加する時は事前に勤務している医療機関のスタッフに伝える事が大切です。伝える事が遅れると金銭の問題でトラブルになったり患者への通知が遅れ医療機関と患者の間でトラブルが発生する事があるからです。医師が学会に参加する事は医療技術の向上や患者の利益の増大のために重要です。しかし、事前の準備で不備があれば最悪の場合それに参加する事が難しくなるケースもあります。学会に参加する時は考えられる問題を確実にクリアにしておいた方が安全です。事前の準備が遅れると関係者が嫌な思いをする事になるので注意が必要です。医師によっては開催される事を直前まで忘れている事もあります。そのような不備を出さないためには周囲の人間のサポートも非常に大切になります。それに参加する時は患者の利益を最優先に考えるべきです。もし、患者の利益が損なわれる危険性が少しでもある時は参加をしなくても良いです。無事に参加するまでには多くの課題の克服が必要です。

↑PAGE TOP