トップ / 医師のパートも存在する

内科学会

医師のパートという働き方

意外かもしれませんが、医師という職業でも、パートという働き方はメジャーです。自分が勤めている大学病院以外に、他病院に週何日かで、この時間帯のみ外来に出るとか、当直を行うなどといった感じです。特定の病院に籍を置かず、このスタイルのみで仕事をするパート医と呼ばれる医師も最近では増えたと言われますが、基本的にはやはりどこかの病院に属していて、ちゃんとした教育を受け、医療技術などに信用が置けると見なされることがこの働き方をする上でも大切になってきます。

医師の当直パート勤務について

中小の医院では勤務医の数自体が少ないケースも多く、そうした状況では当直勤務のやり繰りが実質的に困難という事態が生じます。そこで当直医を中心に、パート勤務医師の活用は古くから行われています。時間給である程度の収入が保証され、且つ有資格業務の性格からその金額も高めとなるので重宝されています。女性の割合が嘗てよりも増えている事もあり、子育て等を優先しつつも並行しながらパート勤務する医師も増加しています。

↑PAGE TOP