トップ / 医師がパソコンを見る場合

内科学会

医師とパソコンについて

昨今、パソコンをみながら患者の診察を行う医師が増えています。患者に対してより良いケアを行いたいという考えからパソコンをみているケースがほとんどです。しかし、患者の中には彼らがそればかりをみて自分達とコミュニケーションを取らないといった不満やクレームを口にする人もいます。今後、医師はそればかりをみるのではなく、患者と対面してしっかりとコミュニケーションを取る事も大事にした方が良いです。今のままであると患者との間でトラブルが増加する危険性があります。

医師にとってパソコンは必要

医師にとってパソコンは必要不可欠なものです。今、診療の記録は電子カルテに入力するケースが多いです。場所によっては、院内だけでなく往診にタブレットを持参するケースもあるそうです。また、病院の機能分担の観点から、病院と診療所の連携が深まり、紹介状を作るケースも増えてきています。普段の診療関連のみならず、研究をされている医師にとっては、統計資料をエクセルで作成したり、学会での発表をパワーポイントにまとめたりとパソコンなくしては、業務がはかどらない、そんな時代です。

↑PAGE TOP