トップ / 最近の医師のカルテの扱い

内科学会

医師のカルテの利用方法

診察時の医師の記録は、以前は手描きのものが主流でしたが、最近はパソコンの画面上の電子カルテに記載し、看護師や薬剤師といった他の職種と情報が共有しやすくなっている現場がほとんどです。手描きの場合は字が読みにくく指示間違いを引き起こすこともありましたが、電子版では読み間違いによる医療ミスはほとんどなくなり、離れた場所にいても同時に複数のスタッフで情報を共有できるといったメリットもあります。また、短時間で多くの情報を記載できるため、よりきめ細やかな対応をすることが可能となりました。

医師とカルテの繋がり

カルテは医師にとって治療の参考であり、診断の大事な参考資料です。最初の診察で書いていた事が後になって大事になったという事はありますから、記録という意味でも残しておく必要性があるのです。また、初診の患者に書き込んでもらう書類も一緒にまとめてあり、薬を出す際の参考にもしています。アレルギーや元々飲んでいる薬などを把握しておく事でこれから飲む薬との相性を考えて処方します。この事から大切な判断材料の書類となっている事が分かると思います。

↑PAGE TOP