トップ / 医師を目指すための勉強

内科学会

医師になるため多くの勉強

医師になるためには、医学を真剣に勉強しなければなりません。医学を学ぶためには、医学系の大学か専門学校に行かなければなりません。その大学や専門学校に入学することがまず大変なのです。人の体を治すことは並大抵のことではできませんので、医師を目指す人は、それなりの学力を有していることが必須なのです。医学の専門知識をしっかりと勉強して、病院に入った後でも先輩に習ってしっかりと研修をして、人の体を治すために働いてもらいたいものです。

医師になるための医学部の勉強

医師になるためには膨大な勉強量となることは想像がつくでしょう。医学部の学生が最も大変だと言っているのは、4年生の終わりにポリクリ(臨床実習)に入る前に行う、CBTと言われるテストです。CBTというのは医師を養成する大学ではどこでも行われます。コンピュータで出題され、2万題以上あるなかからランダムに出題されるため、問題は一人一人違います。1日6ブロック400題を解くため、体力的にもきついです。通常は、積み上げると30cm以上にもなる問題集を3~5周は繰り返し勉強します。

↑PAGE TOP