トップ / 医師に必要な英語力とは

内科学会

医師にとって英語の必要性

近年はカルテを記入したり、海外の先進医療の論文やデータを読むなど、医師にとっては英語能力はかかせないものです。実際には流暢に話す方は少なく、外国人の患者が多くなっている昨今、コミュニケーっション能力としての必要性も高まっています。国際的にも社会的にも、習得するならTOEICよりも海外留学や研究費取得の際に必要なTOEFLがおすすめです。これからさらに国際化が進んでいくうえでも医師の英語能力は必須です。

英語ができる医師のメリット

医師が英語ができるなら、海外から日本へ来ている患者とコミュニケーションをとることが出来ます。どういった症状か、どんな治療が必要か、どんな薬を処方するか、いつ服用すべきかといったことをきちんと説明できます。また、自分で働く病院だけではなく、海外ボランティアとして病気や怪我を治すために世界のいろんな国で自分を役立たせることが出来ます。英語ができる医師というのは、多くの患者の命を救うことが出来るのです。

↑PAGE TOP