トップ / 常勤と非常勤の医師がいる

内科学会

常勤と非常勤の医師の違いとは

非常勤医師とは、簡単に言ってしまえばアルバイトで雇用されているということです。決まった日にちや曜日に人材の不足している地域に派遣されたり、夜間勤務や健康診断の問診を請け負う事もあります。給与は時給や日給制で働き、拘束時間の長い常勤の医師とは違い、労働時間を調整して勤められるかわりに社会保険などの福利厚生は受けることが出来ません。常勤として働きながら非常勤としても働く人もこの業界では多くいるようです。

非常勤を選ぶ医師もいる

最近は医師の働き方も多様化していて非常勤を選ぶ医師もいます。非常勤であれば組織からの縛りを離れて、自分が考える医療をしやすいということがあるからです。常勤となると組織のやり方に従う必要性が出るとともに、報告の義務なども多くなるので、こうした働き方を選ぶ人も多くなってきているのです。医師の働き方も今は多様化しているということがいえるのでしょう。その傾向は今後も続いていくと考えられます。これからはいろいろな考え方が出来る時代です。

↑PAGE TOP