トップ / 医師が成長できる呼び出し

内科学会

医師の呼び出しは経験値に

医師になりたての時、まず呼び出しを受けるのは若い医者であることが多いです。これは若い医者にとっては状況把握、そしてその対応など自分で考え、対処して、その結果を自分で確認することで経験値をあげていくことになります。とくに研修医時代は医者として成長していくにはとても重要な時期です。この時期は指数関数的に医師としての知識と経験が積まれていきますので、呼び出しなど大変ですが、それを乗り越えていくこと、その経験が多いほど立派な医師として成長していけるでしょう。

医師が手術してほしいと頼まれる

医師が手術をしてほしいと病院から呼び出しを受けると、患者の治療につながる、患者の家族に感謝されるというメリットがあります。呼び出しを受けすぐに病院へ行き手術をすると、無事に成功すれば患者の治療につながったことから、最適な効果を得られます。手術が終了した後は手術室の外に出て、患者の家族に結果を説明することになります。成功だと話せばその家族達は、何度も頭を下げて感謝の言葉を述べてくれるはずです。その時は医師をやっていて良かったと感じるはずです。

↑PAGE TOP