トップ / 医師の年収に関して知る

内科学会

医師の年収はどうなっているのか

医師と言えば、高級取りといったイメージがつきものです。40代の勤務医の年収は約1千万くらいです。これに当直や夜勤手当、手術が加わればプラスアルファーになります。科によっても若干かわってきます。開業医の年収になると、これも科によってかわってきますが、約2千万ぐらいです。いかに高いがわかります。しかし実際には給料だけの問題ではないはず。医師はあんがいハードな仕事であり、これくらいの年収を当然だといったこともたくさんあります。仕事量が報酬に見合わないことを考えると、けして高い収入ではないのかもしれません。給料よりも、やはり患者さんのためにどこまでできたのか、どこまでやれたのか、といったことがほとんどなのです。これができないようであれば働くのことの意味がないように感じられます。報酬に見合った仕事は大切ですが、それ以上のものがあるはずです。これは医者だけに限らず、いろいろな仕事について共通して言えることなのです。

年収はどれくらいなのか

医師といえば、ドラマや漫画などでよく題材となることもあり、多くの方にとってのあこがれの職業ではないでしょうか。人の生命に携わる仕事であるため、極めて専門的な知識と技術が求められますが、その分、給料は他の職業よりも高めとなっています。厚生労働省の調査によれば、平均的な年収は1000万円前後です。ただし、これは全国平均の数値であり、地域や労働形態、年齢によって給与に差があるようです。例えば、地方では平均で1700万円以上となっているところもいくつかある一方で、東京では1000万円を下回っており、全国で最下位の給与となっています。また、勤務医と開業医の間でも年収に差があり、一般的に開業医の方が高い給与を得ています。年齢別で見ると、東京などの平均年齢の低い地域では給与も低くなり、逆に平均年齢が高い地域では給与も上昇する傾向があります。以上のように、高額な給料が得られる医師であっても、様々な条件でその金額は変動するということを覚えておきましょう。

↑PAGE TOP