トップ / 麻酔科でかける麻酔の種類

内科学会

麻酔科の役割について

麻酔科とは、主に麻酔を専門とする医療分野のことです。手術を行う際の麻酔以外に、痛みを伴う病気の診断や治療も行います。全身麻酔は意識の喪失、無痛、筋弛緩、有害販社の予防が特徴で、モニターが必要な麻酔方法です。手術を行う時に体を動かすことが出来ないので、手術が行いやすくなるというメリットがあります。麻酔科での局所麻酔は意識を失わずに、部分的な痛みを取り除くことを目的とした麻酔で、全身に及ぼす影響が少なく、全身麻酔に比べて安価であることがメリットです。

特殊ゆえに多忙な麻酔科

救急医療を行っているところでは、外科系当直・内科系当直という形で当直医がいますが、麻酔科に関しては単独で当直医が必要です。それは緊急手術に備えるためです。仕事の中心は手術時の麻酔になります。ただ、手術の術前術後に医師による診察が必要です。手術時はもちろん、麻酔の適否の診断のためにも診察を行っています。そのほかペインクリニックも麻酔科医の仕事です。癌性疼痛などの痛みに対して神経ブロックとよばれる麻酔を打つことで、痛みを緩和させる療法です。特殊ゆえに多忙な診療科なのです。

↑PAGE TOP